朝が苦手な私はアスミールに頼る

実は朝がとっても苦手な私。
子どもが幼稚園に通うようになって、朝ご飯の準備が大変になってしまったんです。
できるだけ寝ていたい、でも朝食べさせないといけない。

 

ということでついつい簡単にトーストとバナナとか、コーンフレークだけとかの朝食に。
特にコーンフレークって、後ろにすごく栄養バランスがいい!みたいなことが書いてあるのがほとんどですよね。
だからつい頼ってしまって・・・

 

でもよく考えたらコーンフレークってとうもろこしですよね。
よくよく表示を見てみると、これって栄養素を添加してあるってことなんでしょうか??
しかも甘くてほとんどお菓子みたいだし、これだけの朝食じゃダメだと意識を変えることにしました!

 

まずは朝にごはんを炊くことに。
そしてのりのつくだ煮や昆布、なめたけなどご飯のお供を揃えます。
ちょっと味は濃いのかな、と心配もあるんですが、海藻やきのこが原材料、甘いパンやコーンフレークよりはいいのかな、と思って。

 

慣れてきたら卵を焼いたり、野菜炒めを作ったり、最近では茶碗蒸しを作ったり。
ちょっと大変だけど、朝からいろいろな献立が出てくるようになって子どもも喜んで食べてくれるようになりました。
こつをつかめば前の夜から下準備をしておくこともできるようになったし、これからも朝ご飯がんばります!!

 

それでも、毎日朝から栄養満点の献立っていうのは、私にはハードルが高すぎると思ったので、最近はアスミールに頼ってしまっています。

 

アスミールには成長期に必要な栄養がたくさん入っていて、カルシウムもたっぷりなので、小魚とかが苦手な子供にもよいかなと。

 

旦那と私はどちらも背は高くない方で、このままだと遺伝的にも子供の背も伸び悩む可能性が高いと思ったのもアスミールを飲ませている理由の一つですけどね。

 

背がどれぐらいまで伸びるか?というのは、成長速度曲線というグラフで見た時にだいたい決まるみたですが、そのグラフのピークになるまでは子どもにアスミールを飲ませていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です